京つう

  歴史・文化・祭り  |  滋賀県

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年04月15日

山王祭 船渡御 おまけ

最近は担ぎ手不足のため、
お神輿は七本柳までトラックで運ばれてきますが、
トラックから降ろしたり、船に乗せたりするときには、


お御輿を担ぎ、
置く場所まで来ると、


すかさず、
置き台を下に滑り込ませます。





←右下の黒いやつが台。

船に乗る前にはお祈りが行なわれます。
祈願か御礼みたいなものでしょうか?
神主さんがいらっしゃいます。

この御祈りが終わり次第
「西本宮」が一番に乗船。




他の6基は
鳥居前に並ぶ武者姿の人たちの
扇に呼ばれて乗船します。

ハシケの後ろ側には、扇衆が並び、扇を上下に動かしながら岸から離れていきます。
  


Posted by ねこた at 21:16Comments(0)■大津のお祭りさわぎ

2007年04月15日

山王祭 船渡御

参道を出て、坂本から下阪本の町内を巡行したお御輿は、
七本柳から船に乗ります。
今は、7基が一緒に大きなハシケに乗って移動しますが、
昔は各お御輿が小船に乗って、競争したそうです。
どうやら山王祭は、競争が付き物のようですね。



最初に船に乗るのは
一番位の高い「西本宮」。
その後の順序が毎年同じなのかは、わかりませんが、
船に乗った順は下のとおり。





「東本宮」






「宇佐宮」





「牛尾宮」






「白山宮」





「樹下宮」






「三ノ宮」

この後、唐崎神社沖まで渡り、粟津の御供を奉納し、
下阪本の比叡辻若宮宮港から上陸し、再度町内を巡行しながら日吉大社に戻ります。

  


Posted by ねこた at 09:47Comments(6)■大津のお祭りさわぎ

2007年04月15日

山王祭 神輿神幸

すべてのお御輿が西本宮の門前に出されたのち、
太鼓、白馬に続き、お御輿が下りてきます。








天気は快晴!  


Posted by ねこた at 00:08Comments(0)■大津のお祭りさわぎ

2007年04月15日

山王祭 拝殿出し-2

ここが西本宮。
昨夜の宵宮落しで運ばれたお御輿もこの拝殿に並んでます。



これぞまさしく拝殿出し。
中央に配置されたお御輿を前方中央に運び、前列の三基を揺らします。
そのあとは、順番に前方中央から運んでいきます。

前の部分を担いでる間に、階段の横から体を滑り込ませて後ろを担ぐみたい。
すごく重そうだったぁ。




  


Posted by ねこた at 00:04Comments(0)■大津のお祭りさわぎ

2007年04月15日

山王祭 拝殿出し-1


参道を腕を組みながら、右へ左へ。
今年は去年より、行った時間が遅かったみたいで、彼らが最後の組でした。

どういう意味なのかわからないけど、
参道で待つ彼らのところに神事の衣装を着た人たちがやってきて、
お互いの何かの先を合わせてました。
↑写真ないの…。

その後、西本宮に向かって歩き出すんだけど、
みんな初めてだったのかな~。
間違っていきなり走り出してるし…。
↑心の中でおもいっきり突っ込んでました。(〃_ _)ノ彡おいおい。




走るのはここから。
( *´艸`)うふふ




引き続き、
いろんな人が通ります。


少し進んで大宮橋。



参道の上の
山王鳥居前で記念撮影中。  


Posted by ねこた at 00:00Comments(0)■大津のお祭りさわぎ

2007年04月14日

山王祭といえば




期間限定でっちようかん。
今年は日曜まで販売だって。







昔は安かったのにな…。
↑一枚単位で食べても怒られなかった。  


Posted by ねこた at 00:27Comments(0)■大津のお祭りさわぎ

2007年04月13日

山王祭 宵宮落し

去年に引き続き、2回目の宵宮落し。

宵宮落しとは、
各宮から朝に夜宮場に渡御された
4基のお御輿(前夜に山から降りてきて結婚した牛尾・三宮両輿を含む)を
駕輿丁が激しく揺らします。
この揺らす動作はお産の陣痛を表し、
お御輿の前に並んで立つ人は屏風の役割をします。
お御輿が拝殿から地表に担ぎれ出されたときが御子神誕生の瞬間。
ここから各お御輿は競争で西本宮を目指します。





宵宮場の拝殿から競争で
お御輿が西本宮に駆け上がるはずなのに
今年は、全くスピード感なし。
どのお御輿も走らずに歩いてます。

今年は金曜のせいか
観客が非常に多く、
お御輿が走るはずの道も
去年より見物客がはみ出してました。

ひょっとしたら、危険だから
走らないように指示が出てたのかな~。
だとしたら
去年が迫力満点だっただけに残念。



最後のお御輿がこけてた?
のは、ゆっくりすぎたせい?


宵宮場から西本宮へ向かうお御輿を見送り、少ししたら大雨が降ってきました。
お御輿は西本宮に着くまでに濡れちゃっただろうなぁ。
担ぎ手のみなさん、風邪ひかないようにしてくださいね。
まだまだ明日があるぞぉ。

  


Posted by ねこた at 22:49Comments(0)■大津のお祭りさわぎ

2007年04月13日

山王祭 花渡り式

桜の花びらの舞い散る中、
山王祭の花渡り式が行なわれました。











出発前から、すでに行事は始まってます。







鳥居の所で神主さんのお祓いを受けます。











普通に歩くのも大変やのに、
歩き方が決まってんねん。










双子ちゃんは、お父さんに手をつながれて。







重そうな鎧兜をつけて、
ひとりでがんばってました。






日吉大社入り口手前で
日吉大社に向かって礼。


日吉さんの方に向かう道路の前方を開けてくれるよう
何度も関係者が言ってたのに、
前をふさいでしまう観光客のバカさ加減が残念。
あんたらに礼してるんと違うねん。

観光客でもせめて意味を理解する努力くらいしようよ。




ちびっこちゃん、お疲れさん。
今夜からはお父さんの晴れ舞台。
  


Posted by ねこた at 17:18Comments(2)■大津のお祭りさわぎ

2007年04月13日

初めての東照宮

日光東照宮の雛形として
造られたといわれる日吉東照宮。

日光とは比べ物にならないほど、
小さくこじんまりしてますが、
約築四百年の古めかしさが、
いい味、出してます。

坂の上のほうにあるんだけど、
大昔は、一般の人の参拝が出来なかったので、見えにくくするために、
正面の参道(階段)はなかったそうです。


↓ここから先は拝観料200円。
ただし、毎日拝観できるわけではなく、
土日祝や観光シーズンの人出の多いときのみだそうです。









いたるところに、葵の御紋。







金ぴかの柱には金箔が貼ってあります。




向かって右側に祀られてるのは日吉大神、左側は豊臣秀吉。
中央に徳川家康が祀られてるらしいけど、扉の向こうね。
結局のところ、
徳川家康が日吉大神と豊臣秀吉を従えてるって図?

写ってるところと、カメラを構えてるところの間に低くなった石の間があって、
そこで奉仕をする祭典奉仕者が
将軍に背を向けても失礼にならないようになってるそうです。
これが、本殿と拝殿を石の間で繋ぐ「権現造り」の始まり。




日光東照宮の逆さ柱と同じく。
完璧だと災いを招くから不完全なものを。
と、わざと不完全な形に作ったもの。
羽が逆さについた鳥。
どこかにあるとはわかってたものの、
結構近年に見つけられたそうです。
どこにあるかはヒミツっ。
  


Posted by ねこた at 12:49Comments(2)■大津あっちこっち

2007年04月13日

ひさしぶりの京都御苑

一般公開の終わった先週の月曜。
かなりひさしぶりに御所をうろついてきました。
桜たくさんポイントまで、ほえ~と歩いてて違和感にびっくり。
以前車が止まって開いてた門、「建春門」が作り直されてました。
ここだけ新品なの。



さすがは方向音痴。
実は、桜のところまですごい遠回りしてたんだけど、
おかげでこれが見れました。





京都御苑の桜、
ほとんどは咲き切ってますが、
まだつぼみの樹もあります。

このぷっくり加減がかわいいっ。



今出川付近の桜はそろそろ限界。
界隈では、開花の遅かったであろう紅しだれ。
満開でこれ以上ないくらいの華やかさ。





場所は変わって、「宜秋門」の南側。

枝一杯に花のぼんぼり。
たぶん「御車返しの桜」だと思います。
一重の花と八重の花が混在してるとか。


↓これが、ぼんぼりの一個。
  樹全体の大きさ想像できました?
  一重の花も見つけられた?


  


Posted by ねこた at 12:09Comments(0)■おさんぽ御所